2017.10.  123456789101112131415161718192021222324252627282930 2017.12.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- (--) --:--
見積書。
でました!

緊張の見積書。


お値段は…

我が家の総予算より280万のオーバー!!!

しかも施主支給分やキッチンを省いてのお値段なので
実質的には330万ほどのオーバー。。。

こんなにオーバーしては
間取りからごっそり変更しなくてはいけない…
やっぱり半平屋に無理があったんだ…
やっぱり寝室を上にあげて総2階か…
それどころか一部屋削らなきゃいけないかも…そ、そんなあ…涙

そこまでの話も出てかなりブルーになりました…。




だんなさんに話したところ
だんなさんなりにショックをうけつつも
彼は軽く一言
「もっと借りればいいやん」
。。。

『ローン額を増やす』

そんなこと考えてもみなかった!

ていうか考えたくなかったのほうが正解かも(苦笑)

でも
不可能ではない話。

当初の我が家の予算は
共働きながら万が一片方が働けなくなっても返済していけるぎりぎりの額に設定してあるので
多分新築一戸建ての平均ローン額よりは低い金額。

共働きはこれからもしていく予定なので
少しなら返済額を増やしても大丈夫かも??

とワタシまでローン増額案に乗っかってしまいました(汗)

家計をリアルに知っているワタシとしては
いつもなら絶対断固反対していたと思いますが
今の間取りは本当に長い時間かけて検討してやっと見つけた最高の間取りで
今までその家に住むのを夢みて過ごしてきたわけで。
やっぱり間取りを変えるというのはできないことでした。
他を削るといっても仕様や設備で大した贅沢をしているわけではないし。。

::::::::::::::::

というわけで

予算オーバーへの我が家の対策は

・200万円プラスで借りる
・妥協点を提案し工務店さんにVE案を出してもらう

ことにしました。

(VE案とは
バリューエンジニアリング案の略で
ほぼ仕様のレベルなどは下げないようにしながら費用を抑えられるよう同等で安い建材に変更するなどすること)


現在
銀行に借り増しができるかの仮審査を受けると同時に
早速工務店さんからいただいたEV案版見積書とにらめっこしながら
他に削れるところはないかなど検討しているところです!


多分大丈夫だとは思いますが
借り増しできなかったら…振り出しに戻ってしまう我が家のマイホームすごろく。。

祈!
スポンサーサイト
2010.10.25 (Mon) 15:43
COMMENT
NAME
MAIL
URL
TITLE
COMMENT
PASS
SECRET 管理者にだけ表示を許可する
TRACKBACK
TRACKBACK URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。